翻訳事典2018年度版(2017/02/02)

2月に入ってしまいました。
またやる気がない状態が続いてますが、現在パートとして勤めている会社。ちっさい会社なんですが、どうやら社員の方が近々辞めるらしいです。それも私と結構近い方。
あらそうですか、という感じなんですが、パートの方にも今までの範囲を超えて頑張ってもらわないと的なことを言われまして、逆にモチベーションが下がってます。
だって、だって

そんな時給もらってねぇ~!!

んですよ。
時給を少しでも上げてくれるんならまだ考えますが、上がったところで、相場ってところでしょう。
今の時給は、近所のスーパーのレジと同じぐらいか下手すりゃ下回るレベルです。
何故それでも働いてるかというと、
「経験を積めるから」
「他に雇ってくれそうなところがないから」の2点。
つまり同じような経験ができるのであれば、他にいいところがあれば乗りかえる気は満々です。そもそも今の状態は最終目標ではないですし。

時給が低いからいい加減な仕事をしようなんて思ってないけど、社員のレベルに近いことやらされるのはそりゃ勘弁。
安い時給でいいように使われたくはないです。

それを言われた日から「やっぱり長く勤めたらめんどくさくなりそうだな・・・」とモチベーション下がり気味です。

最低1年は勤めて職歴にしようと思ってましたが、4月から働き始めたのでもう10か月です(早っ)。もうすぐ1年だし、一応初仕事もした訳だし、そろそろトライアルも受けないと、と思ってます。

で、最近、この本買いました。



この手のムック本、一時期はよく購入してたんですが、最近はほとんど買ってませんでした。
最初は「トライアルって何?」「翻訳者になるってどうしたらいいの?」「分野はどうやって決めたらいい?」と言うような初歩的な業界のことを知りたくて買ってました。
翻訳学校に通って、トライアルも経験するとだいたいのことはわかってきたし、たまに買っても3分の1ぐらいがスクール情報だったり、もう必要ないかな~と(結構値段も高いし・・)。
が、今回、翻訳者の方がブログで紹介されている内容を見ると、なかなかよさそうなので、久しぶりに購入。
結果、確かに内容が濃かったです。特に「翻訳者になりたい人のための8つのドア」は読み物として読み応えがあり、モチベーションが上がりました。今回のは購入してよかったです。

それと今回初めて(?)真面目に、この手のムック本の最後の「求人情報」ってところを真剣に見てみました。
たいがい応募条件「翻訳経験3年以上」が主流。たまに「翻訳経験1年以上」もあり。
(余談ですが、私の翻訳経験は?翻訳者として登録したのは先月だけど、あまり仕事もらえてなくても1年後には翻訳経験1年って言っていいのか??)
そんな中、たまーにある「翻訳未経験可」を探しました。
結果、「翻訳未経験可」で私が応募できそうなのは全部で12社ありました。
表紙に求人情報、翻訳会社165社掲載と書いてあるので、それを信じると1割にも満たないですが一応ある!

今まで翻訳学校経由やアメリア経由で受けてきましたが、今度はここから応募してみようと思います。
12社あったら1ヶ月に1社受けても1年かかるし。
全部は受けないと思うけど、とりあえずがんばってみよ。

ポチッと応援お願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
スポンサーサイト