スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年度頑張ったこと(2016/02/29)

2月も今日で終わり。
今年度のPTA活動ももうすぐ終わりです。
今までほとんど参加していなかったに等しいPTA活動に今年度は積極的に参加しました。
実は3つやっていました。
1つ目は小学校6年間に1度はやらないといけない(という事になっている)役員活動。
これは役割により人気があるものとそうでないものがハッキリわかれていて、人気の役員は抽選になります。
立候補せず、または抽選に外れ続けて何もやっていないとやりたくない役がまわってきてしまうので、皆早く終えてしまおうと必死です。私の場合子どもが2,3年生の時抽選に外れましたが、4年でやっとできました。
こちらは、前半に自分が担当するイベントがあったため、6月ぐらいまでは忙しかったですが、その後は学校行事のお手伝いが主でした。

2つ目は家庭教育学級と言って、市町村のPTAが中心となって親の学習機会を作ると言う取り組み。市町村から補助が出て1年間希望者がグループでいろいろな行事を自分たちで企画して参加します。
平たく言えば親のサークルのようなもの。工場見学に行ったり、災害対応について学んだり、調理実習をしたり、体育館でスポーツをしたりしました。
勝手がわからないまま参加しましたが、調理実習など久々でワイワイと楽しかったです。
自ら手をあげて参加する人たちなので、パワフルなお母さんが多かったです。

3つめは読み聞かせサークル。これもボランティアです。
これは月1回学校に行って休み時間に子供向けのイベントをしたり、朝の1時間目が始まる前に本の読み聞かせをしたりするボランティアです。
これもよくわからず参加したのですが、読み聞かせのみと思っていたら毎月のイベントの方がかなり凝っていて、自分たちで手作りをするのでかなりの工作技術が必要。労力もかなりのものです。
頑張って作ったものや考えたものに純粋に喜ぶ子供の顔を見るのは楽しかったのですが、手先が不器用な私には役に立っていないと言う負い目があって、私には向いていないなーと思っていました。

いきなり学校やPTAとは全く縁がない生活から、今年度これらの3つを一気に始めました。
しばらく仕事をしないならこの機会にと思ってやってみたのですが、思ってた以上に負担は大きかったです。
さすがに3つとなると、毎週のように、時には毎日のように学校に行ってる感覚でした。(授業参観や懇談もありますからね)。

これらをして感じたことは、良くも悪くも学校のことがよくわかったという事です。
学校の中に入り込むので、教室の配置含めていろいろなことがわかりました。
それに普段話す機会のない校長先生、教頭先生の人となりもわかりました。
正直、ちょっとガッカリした部分もありました。
先生も人間だし仕方がないのかな、と思いますが、知らなければもっとちゃんとしてる人だと思っていただろうな~と思うのですが。

サークル活動で言うと2つの活動に参加しましたが、やはり4年生からいきなり仲間に入るのは遅かったと言うこと。
1年生から入って、基本6年生まで続けるのが前提と言う感じでした。それを前提に役員も1回はやると言う暗黙の了解があり、もちろん途中から入ってもOKとはなっているのですが、どんなものだろうと入ってみてちょっとだけ楽しむのはやっぱりよくなかったかなと1年やってみてわかりました。

学校もPTAもサークル活動もそうですが、、
一度決まったことを意味がなくなっても続けていることが多い!
それは変えたり止めたりする労力がもったいないから。
変えたり止めたりすると、続けるよりも手間がかかるから。
自分たちの時には通り過ぎるだけでいいから、何事もないように、たとえ無駄だと思っても静かにやり過ごす。
そんな形骸化したイベントがたくさん。
それでも親は形だけでも参加しても、先生たちは忙しいからと参加しなかったり。
形だけやるのが嫌なら止めればいいのにと思うのですが、止めるのは親も学校も双方、めんどくさいんでしょうね。
会社員時代もそういうことは多々ありましたが、どこに行ってもこういうことはあるんだなぁと。

学校に行く機会が増えて、やっと娘の行ってる学校の内情がよくわかったように思います。

それとこれだけやってると、近所の顔見知りが増えました。
今までママ友も超少なく近所を歩いていても知り合いに会うこともほとんどなかったんですが、近所のスーパーに行っても必ず誰か顔見知りには会うように。子どもができると近所付き合いが増えると言われても、今まで地元の幼稚園でもなくママ友が少ない私にはピンときてなかったんですが、この1年でめちゃくちゃそれを感じました。
たくさんの人と仲良くするのはそんなに得意じゃないけれど、知り合いが増えるのは子どもが小さいうちにしか体験できないことなのでそれはそれでよかったかなと思います。
月並みですが良い経験になりました。
子どもがいないと体験できないことですし、うちの場合は一人っこなのでワンチャンス!
正社員の仕事を続けていれば、やりたくてもできなかったことです。

で、来年度はこれらをどうするかと言うと
おそらく何もしません!!
役員は1度やったのでノルマ達成、ボランティアの方は今年1年やってどんなものかと言うのはわかりました。
来年度は仕事をしたいと思っているので、仕事をしながらできないこともないけれど負担は結構あるので止めることにしました。
それなりに仲良くなった人もできて楽しかったのですが、やはり全体としては私はなじんでないなと思っていたのもあります。
(それまで全く足も踏み入れてなかったので仕方ない)。

自分の子だけじゃなくいろいろな子供が真剣にお話を聞いたり喜ぶ顔を観れて、読み聞かせは楽しかったので、それだけは続けられたら続けようかなと思ってますが、それも4月からの状況次第です。
職探し、頑張ろう~!!

ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。