スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決断のとき(2013/12/24)

ここにいつ書くか?どんな風に書くか?と考えていましたが、今の段階で書いてしまおうと思い、書きます。
(今回、とんでもなく長文です・・)
このブログで何度も仕事を辞めるか、辞めないかについて書いてきましたが、辞めることになりそうです。

昨年夏、会社の早期退職が募集された時にいったん、辞めることを真剣に考えましたが、まだ今の会社に残れる事、収入のことも考えて、続けることにしました。
そして今回も早期退職が募集され、さらに「今の会社に残れる事」がなくなることがわかりました。
部署ごとリストラと言う形です。

数年前から、所属は親会社のままグループ会社に出向と言う形になっていたのですが、今回そのグループ会社ごと、他社に売られることになり、グループ会社に所属するものは親会社から出向している社員、もともとグループ会社社員も含めて全員転籍、(出向社員は親会社は退職扱い)となります。

もともと、数年前から私の所属する部署が、リストラ対象と言うのは理解はしていたのですが、発表は突然だったので、ショックでした。
(って、他に経験もないですが、リストラって普通は突然なものですよね・・)

そうなるだろうという噂は耳にしていましたし、覚悟もしていたつもりでしたが、実際のこととなると動揺してしまいました。私の場合、バブル入社で新卒で入った会社、そして配偶者である夫も勤めています。
愛社精神が強い方ではありませんが、こういう形で「お前はいらない」と突然切られるというのは想像していた以上にショックでした。

条件は大まかなことしかわかっていませんが、基本的に全員転籍、今の仕事をそのまま続ける事になり、希望退職を募集するとの事。退職の条件は前回とほとんど同じです。

このまま別会社の社員となって、仕事を続ける事は可能です。

でも今回は聞いた瞬間に「辞めよう」と思いました。

まず最近このブログにも書いている通り、娘の学童のこともあり、来年度中には辞めたいと思っていたこと。
自分が辞めたいと思っているタイミングでこうなることは、チャンスと思いました。

それに加え、自分が新しく所属する会社で求められる人材ではないと思うことです。

私の場合、グループ会社に出向する前から今の部署から異動希望を出していましたが、今回の転籍で異動はもちろん完全になくなる訳で、道理的にも居続ける理由がありません。

また別会社になり勤めたとしても、数年で辞めれば今回のようなよい条件の退職金はもらえないでしょう。

そもそも翻訳を仕事にするために頑張ろうと数年前に決意したのは、自分自身が今の仕事をずっと続けられないと思っていたこと、会社自体に不安を抱いた事でした。

いろいろと条件が重なり、今回こそ私が飛び立つチャンスだ!と思いました。

それでもまだ葛藤はあるのです。

別会社とは言え、今の仕事のまま働ける場が、まだあるという事。今の時代、貴重なことです。
さらに先ほど書いたように、夫婦で同じ会社に勤めています。夫の職種も同じようなものです。
今後、夫も同じ境遇になるのでは?と言う不安があります。
それならリスク回避のために私もこのまま働くべきでは?と言う思いがよぎります。
(しかし私が別会社になるとは言え、今の会社の仕事をし続けるのであればリスク回避にはならない?)

そして一番大きいのは、私がまだトライアルも受かっていないという事です。
ここで少しでも翻訳の仕事を始めていたのなら、躊躇なく辞められると思うのですが、それができていない。
でも最近の仕事の状況から、仕事をつづけながら二足の草鞋生活が私にできるのだろうかと言う不安もあります。
時短勤務や在宅勤務が可能など恵まれていますが、今後どうなるかわかりません。
出張は今も多いですし、もっと求められるかもしれません。
そんな中で両立できるかと考えると、結局、今辞めないとズルズルと翻訳の方を諦めてしまう気がします。

既に翻訳を生業とされている方の話を聞いていると先に退職をして、逃げ道をなくしてからチャレンジされた方もいらっしゃるようです。
とはいえ、私の場合は、ダメかもしれません。
そもそも実力がなく、辞めたらただの英語好きな無職のおばちゃんになる可能性の方が大きいと思います。

いろいろと頭を駆け巡ります。

既婚者なので、辞めても食い扶持が何とかなるから辞める決断もできていいね、と言われることもあります。
確かにそれは恵まれていると思います。

でも基本的に私は自立していたいです。
無収入になるのは怖いです。

もし夫がリストラされて無職になったら?離婚したら?死別したら?

そうなった時にも生きていける収入が、一応、自分に今はあるのです。
辞めるとそれがなくなってしまうのです。
めちゃくちゃ不安です。子供もいるのでシングルマザーとして、何とか食べさせなくてはいけません。

このことに不安を感じない人もいるでしょう。

独身女性でも考え方がそれぞれあるように、既婚女性でも全員が「ダンナの収入があるから私はお小遣い程度でいいの」と言うタイプではないのです。(そういうタイプを否定している訳ではありません、念のため)

例え夫とこのまま一緒でシングルにならないにしても、老後のこともあります。
一社会人として自立していたいという気持ちもあります。

だから仕事を辞めても、私はお金を稼げるようになりたい。でもその目途が立っていないので不安です。

長々と書いてしまいましたが、まだ最終決断はしていませんが、おそらく今回ばかりは辞めることになると思います。

と言う訳でこの数日は、何も手つかず状態のまま年末に突入です。

今年のクリスマスはとんでもないクリスマスになってしまいました。

また状況ご報告します。

長文、読んでいただきありがとうございました。

ポチッと応援お願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。