スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試験感想&次にやること(2013/11/22)

工業英検、先日受けてきました。
100分全記述式のテスト・・。

一番最近受けた試験はITパスポート。パソコンでポチポチ選択して、その場で結果が出る試験。
その前は多分、TOEIC。こちらはもちろん?全問マークシート。
全記述式、って言うのはたぶん5年前ぐらいに受けた英検準1級以来だったのか・・。

とにかく・・・疲れました!
TOEICは何度も受けている試験なので、受ける前には模試を何度もやって時間のカンを取り戻すようにしているのですが、今回の工業英検は、過去問をやるのに精いっぱいで、時間を計って模試形式でやってる余裕がありませんでした。

なので、単独の問題はたくさんやりましたが、それぞれどれぐらいかかるかや全体の時間配分まで考えてはやれてなかったのですが・・そこが大きなミス!

100分、思っているより短い~。

しかも紙の辞書2冊持ち込み可と言うのが却って仇に・・
普段から使っている知っている単語までも不安になり、つい調べてしまう。しかも紙。引くのに時間がかかる。(変換で最初に神って出ましたが、神の辞書なら是非欲しい。)
そんなことをしてると「あっ」と言う間に残り時間わずか。
全部埋める事だけで必死でじっくり検討する時間なんて全くありませんでした。
あらかじめ時間を計ってやっていれば、この辺の感覚はわかっていたと思います。
(でもわかっていても、100分通しで模試をする時間の余裕はなかなか取れなかった・・)

受ける前から「これはアカンな」と思ってましたが、受けてみたらもっとアカン感じでした。

まぁでも今回、ギリギリになって勉強は頑張ったので、受験料は、「試験を受けるために自分を追い込んで勉強させるためのお金」だったと割り切れると思います。


今回、試験は京都で受けたのですが、2級受験者はこじんまりとした教室に18名だけでした。
大阪だともうちょっと多かったのかもしれませんが、「これだけ!?」と少し驚きました。

さて、試験も終わり次に行こう!と思うのですが終わってから5日たち、まだボケっとしています。

次にやるのは佐藤翻訳事務所のTrados2011入門コースです。
Trados2007の入門コースも受けてまして、次は2011も受けます。既に申込み済で教材も手元にあるので、今日からやらなくちゃ~と思いつつ、まだほとんどできていません。
やっぱり試験のように何か切羽詰らないとなかなか動き出せない怠け者・・。

そしてトライアルは半年以上は受けてないのですが、そろそろまた受けようと思います。

頑張ろう~!

ポチッと応援お願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。