スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新人に教わったこと(2013/04/18)

ここのところ、マメに更新しているので、調子に乗ってまた更新してみます。
最近感じたこと、心境の変化です。
翻訳とは関係のない本職の話になるのですが、今年になって新しいプロジェクトに参画し、出張も多く忙しくなってきました。そんな中で、新入社員の教育担当を頼まれました。
具体的には出張先にも同行させ、一からいろいろと教えてという事。
しかし職場に配属されたばかりの新人ちゃん。まず会社で使われている言葉からよくわかっていないので、一から教え、(組織名とか略称とかはじめて聞くと訳わからないようです)身近なことでは出張にはどんな服で行ったらいいかからとにかく何でもやっております。

最近、ここ数年職場に配属される新人の方は全員高学歴。この時代に入ってくる人たちなので超優秀です。

私についている新人ちゃんも実際は優秀で能力はあるのでしょうが、何せネガティブ思考で無気力、話していてこちらが元気なくなることもしばしば。困っております。ここら辺はTwitterでさんざん愚痴ってますので割愛。
(今時の若者は~とか言いたくないし、私が接するこの子以外の20代の子はそんなことは全然ないので、まったく思いません)。

それは置いておいて。

新人に仕事を任せるってなると、まだ全体像も見えていないし、実経験もないので任せられる仕事がほとんどありません。私と同じことをさせようと思ってもいきなりは無理。
やらないといけない雑用は山のようにあります。
雑用と言っても、誰かがやらないとまわらない大切な仕事です。
ツールを使った作業や、資料作成などです。

私が作業に充てる時間が不足していることもあり、それらを手伝ってもらおうと思い上司に相談したところ
「(高学歴の期待の新人に)そんなことをさせてはダメ」とNGが出ました。
私は、そんなことだけを10年ぐらい費やしてきて、今もそんなこともやりながら、そうじゃないこともこなしているんですが・・
まぁ期待度の高い新人と、高いのは年齢だけの私とで扱いが違うのは、納得はしています。
ただそういう雑用もしながら覚えていく事も多いわけで、まったくやらないというのはどうなの?と。
上の仕事だけしても、全体像は見えません。

確かに作業的なことに没頭しすぎて、本質を見失ってしまってはダメだと思います。

でも「本質を見失わなければ」、仕事にまつわることは何でも経験のうちではないのかなぁと思うんですよね。


このことで私が感じた事は、これって自分にも通じる事かな~と。
翻訳の世界ではまだその世界にも踏み入れられていない修行中の身ですが、翻訳に関する事、特にツールを使いこなすということについては、今までそれほど積極的ではありませんでした。
一応、昨年秋、トライアルの門戸を広げるためTRADOSは購入しましたが、まだ全然勉強できてません。
新しいことを覚えるのは苦労も多いし、つい及び腰になってます。

今回のことで私も積極的に何でもやってみないとなぁと思うようになりました。
もちろんツールを覚えることに没頭しすぎたり、振り回されてはダメなんでしょうが。
「本質を見失わなければ」新人or修行中は何でもやってみるって姿勢が大切だなと。

そんな訳でこれを機会に心を入れ替えようと思って、いろいろと行動しています。

年齢的には新人ちゃんよりだいぶ上ですが、今回は間接的に私の方が教わった感じです。

ちなみに、結局私が雑用+新人の教育+本来の仕事全部やることになり、ここのところ疲労もストレスもたまっている原因にはなっているんですけどね・・。

ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。