スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生いろいろ(2013/04/14)

小出し第2弾です。

前回も書いた翻訳学校経由のトライアルは半年毎にあるのですが、その時に元クラスメイトと集まる事が多いです。
今回も元クラスメイトたちと会ってお茶をして近況を語り合いました。
そこで話す内容にはいつも刺激されてるのですが、今回は特に考えさせられるニュースがありました。

まず一つ目は70代のクラスメイトがトライアルに合格したというニュース!
その年齢で勉強を続けている姿も刺激されていたのですが、さらに前進していることがすごい!
私もつい、年齢を言い訳にしたくなるのですが、「もう年だから」なんて口が裂けても言えない。
トライアルも年齢制限をされてるところも見た事があるのですが、年齢に関係なく見てくれるところもあると言うことも目の前が明るくなります。
何より同じ場所で勉強した仲間として嬉しいニュース。

そして次は、もう一人元クラスメイト。「翻訳の才能はないと思うので、もうトライアルは受けない」と決めたそうです。この元クラスメイトは授業にも非常にまじめに取り組んでいて熱意もあったので、本当に驚きました。
翻訳の勉強とトライアル受験はやめて、今やっている仕事の方に専念するとのこと。

この対照的な二つのニュース。

考えさせられました。
私も翻訳の勉強を始めてトライアルを受け始めて、だいぶたちます。なかなか合格しないし先の見通しも立ちません。継続は力なり!とも思いますが、もしかして辞める勇気と決断力がないから続けているだけなのかもと思う事があるのです。

才能はないかもなんて毎回思ってます。
でも他のクラスメイトとも話しましたが、辞めたからといって今の仕事に打ち込む・・というほど今の仕事に情熱がない、戻れるところがないのよね~と。
私もまさしくそれで、辞めた後はほかに目標としたいものが見つかりません。

今の仕事で努力して上を目指すか?と言われるとNOです。
それ以外の道を探すか?も今は考えられません。
仕事も辞めて主婦に専念するか? それもNOです。

やっぱり辞める勇気がないからだけではなく、やりたいからやっているのです。
まだ諦めたくはないのです。

年齢は関係ないですしね。

反対にやっぱりいつか諦めなければならない時、気持ちが変わった時にはスッパリと気持ちを切り替えることも必要なんだなぁと思っています。

一緒に頑張ろうねって話していた仲間が去る事に対して「なんだかさみしいなぁ」って話をしていたら、他のクラスメイトが「でもまた事情が変わったら勉強再開するかもしれないし、それはそれでいいよね」と話していてそれにも目が覚める思い。勉強したことは無駄にはならないと思うので、軌道修正しながらやっていけばいいんですよね。

という訳で、仲間に大いに刺激されました。


ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。